日々の思い付きのブログ 野立太陽光発電の記録

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

造成工事 野立て太陽光発電

今回太陽光発電をやろうと思った理由が

今後の土地の有効活用を考え

農地から雑種地への地目変更と、

草ボーボーの畑の管理の簡略化を考えていました。

太陽光発電は売電単価はさがってきていますが、使っていない農地がある方は

相続などと絡めるとまだまだ対策のツールになるとおもいます。

 

 

実家の南側に今回施工をしていますが

実は、家をはさんで北側には

すでに父親発電所をつくっています。

発電所になる前は柿畑でした。

ここを0号発電所とします。 

 f:id:ca1601227:20161128173859p:image

0号はコンクリート架台で

路盤はC40という山から採掘した 

4cm以下の採石を使っています。

駐車場によく使われるちょっといい材料です。

地盤もほぼ水平に仕上げてありましたが

 

私の発電所、1号発電所とします

1号はスクリュー打ち込みの架台で

一つの島で20センチ以内なら

多少の勾配があっても大丈夫とのことだったので、地盤は凸凹をなくすていどの整地で終わらせました。

 

造成工事にするにあたって

土の移動は費用の増加につながります。

 

そして、雑草対策のため厚さ10cm程度

RC40というコンクリートをくだいた

同じく4cm以下の砕石

ちょっとお値打ちなリサイクル材を敷き均しました。

片付けから伐採、整地は全部自分でやったのですが、皆さんが造成工事にいくらぐらいかかったのか気になるところです。

 

 

0号も10cm程度敷き均してありますが

田んぼや畑も近いこともあって

種が飛んできたりして草がちらほら

はえています。

除草剤散布はやっているようなので

これは1号も必須です。

 

【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較