日々の思い付きのブログ 野立太陽光発電の記録

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

鼻からの胃カメラの話

先日体調が悪かったときに
内科に行きました。
急性胃炎でしょう
と言われたのですが


去年の健康診断のバリウム検査で、再検査ではないのですが
経過観察だったのと
周りでもガンの話をよく聞くので

苦しくないと噂の鼻からの胃カメラで診てもらうことにしました。

前日9時から絶食で、アルコールもだめなんですが
ついつい忘れて飲もうとしちゃうんですね

夜は水なら飲んで良いみたいですがこんなときは
うっかり何か食べてしまいそうなので早く寝ちゃった方が良いですね。
朝起きてからはコップ一杯程度の水なら大丈夫みたいですが
検査まで結局飲みませんでした。

朝の勉強会が終わって
急いで内科に行きました。



まず
鼻に針のない小さい注射器で
2回×2回に分けて
カメラを通りやすくする薬と
麻酔を入れていきます
少し鼻がツーンとする刺激と
麻酔?が鼻の奥を通って行く感覚は慣れない感覚で気持ちワルかったです。
試しにストローぐらいの
ほそいクダを
鼻に通してみるのですが
麻酔のおかげか
ほとんど違和感は感じませんでした。


いよいよカメラ挿入です。
カメラの管は
直径6mmぐらいあったのかな

慣れてないからか
飲み込んでしばらくするまで
オエオエしてました

唾を飲み込むとむせてしまうらしくて
出てきたのは全部出してくださいねー
といわれました。
刺激されているからなのか
どんどん出てきます

しばらくすると
少し慣れてきます
十二指腸まで診て
カメラを抜いて来る時に
胃を膨らませます
この時、ゲップが出そうになるのでガマンです
抜いて来る時に
なにやらワイヤーをカメラに
シュシュシュと、差し込んで
(おそらく飲み込んだカメラがストローみたいな構造になっているんだと思います。)
気になる部分を採取したようです。
私の場合は
これで終了

初めての経験なので
長く感じましたが
やってることを考えると
10分ないぐらいなのかな。

この後説明を聞きました。
胃の壁に赤い部分が数カ所あって、どうやら
胃酸が多いので
炎症を起こしているところがあるようです。
そして、胃の入り口の上?
食道の下の方かな?
小さなポリープがありました。

このポリープは胃酸が多くて
食堂へ逆流したものが
刺激してできたもののようです

念のために採取して
調べてもらうことにしました。

結果は2週間後になります。