日々の思い付きのブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

ミラノ スフォルツェスコ城 イタリア旅行2 Italy2

www.ca1601227.online

上陸して一晩が明け
ホテルでの朝食(パン、スクランブルエッグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、ヨーグルト、フルーツ、チーズ、ほとんどのホテルが同じものでした。パンを半分に切ってハムとチーズと卵をはさんで食べました。)

イタリア旅行
ミラノ観光の一番最初は

スフォルツェスコ城
1450年にミラノ公爵フランチェスコスフォルツァ
ヴィスコンティ家(アルファロメオのエンブレムで有名ですね)の居城を改築して現在の姿となった。内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。
現在は美術館としても公開

噴水の前にいる二人組
イタリアでよく見かけるミサンガの押し売り

ささっと近寄り手に巻きつけかたく結びつけ、金をせびってくるそうです。

イタリアはスリ置き引きが多いです!!
パスポートと現金などの貴重品は
腰に巻いてスリ対策
リュックを背負うのは危険です
スリングバックやウエストポーチがおすすめ

中央の白い石像はミラノの守護聖人である聖アンブロージョ。アンブロージョは4世紀にミラノの司教であった人物。


場内に入ります

広い!!

イタリアの観光ガイドは免許が必要です。
必ずガイドさんが着いて案内してくれます。

城の中庭の内堀に昔、砲弾として使用されていた石の玉がありました。

誰かの棺です…


鼻は自然に無くなってしまったようです


ベルナポ・ヴィスコンティの棺を飾るモニュメント。中央の長方形の部分が棺。元々はミラノの教会に納められていたもの。


宗教行事などの際に行なわれたパレートで使用されていた旗が展示されている部屋。旗には金糸で美しく飾った絹の刺繍が施されています。
 中央はミラノの守護聖人である聖アンブロージョ。アンブロージョは4世紀にミラノの司教であった人物で、彼が創建したミラノ最古のサンタンアンブロージョ教会にはその遺骸が納められています。

レオナルド・ダ・ヴィンチが装飾を施した「アッセの間」
「アッセの間」は、建築家のブラマンテとともにミラノ公イル・モーロに城の装飾を依頼されてたレオナルド・ダ・ヴィンチが制作しました。
 天井一面を植物の枝で覆われたアーチ型天井に特徴のある部屋で、元々は客間として計画されていたようです。
長い金色のストリングで絡まった16本の木の枝で装飾された厚いフレスコで覆われています
フレスコ画は漆喰を塗って生乾きの上に絵を描いて行く画法です。

実物はもっと迫力があってもう少し見やすいです。

天井には装飾画や紋章が

貴族の鎧や甲冑、兜なども



メディチ銀行のミラノ支店が開設された際に、贈られた銀行の門です。


ミケランジェロの最後の作品となった「ロンダニーニのピエタ」。ミケランジェロが死の3日前まで彫り続けた未完の作品


視力を失いながらも、彫り続けたと言われています。
彫刻は数多くありましたが
こうして今も
当時の形を残して
観ることができることが
素晴らしいことですね。