日々の思い付きのブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

自作ソロストーブで 職後のコーヒーのための焚き火 キャンプファイヤー

アルミ缶を使った自作のアルコールストーブはよくみかけます。
ソロウッドストーブも
たまにみかけます。
キャンプ道具が面白くて(特にソロ用)



ソロストーブタイタンも有名ですが
とくにチタンでできた
ウッドバーニングストーブは
軽くてよく燃えてコンパクトに収納できて、形状も溶接などなくシンプルなのが
道具好きにはたまりません。

 
一般的なウッドストーブの構造は
円筒形で、外気をとりいれて
暖めた空気を
高温で燃える燃え残りガスに
送り込み燃焼させるために
二重構造になっています。

トークスの商品説明の図が分かりやすいです
https://www.star-corp.co.jp/shop/upload/save_image/02121050_56bd3a7a0d4bd.jpg
ちなみに、トークスのページはこちら
ソロBPウッドバーニングストーブ STV-12 | トークス(TOAKS) | 詳細ページ|株式会社 スター商事

構造はシンプルなので、精度を求めなければ
なんとなく二次燃焼できているものはできるだろう
と思って作ったのがこちら
www.instagram.com
構造はダイソーで買った
左 150円の穴を開けたオイルポットに
右 100円の鉛筆たてを
f:id:ca1601227:20180421080703j:plain
入れただけです
f:id:ca1601227:20180421080853j:plain
穴は下部にぐるっとあけてあります。
f:id:ca1601227:20180421080924j:plain

鉛筆たての周りを空気が通るしくみです
f:id:ca1601227:20180421081104j:plain
燃料は5cm角の現場で使った測量杭を
拳サイズ、だいたい10cmぐらいに切って
斧で細くわったものです。
f:id:ca1601227:20180421082007j:plain
仕事で使った材料の入れ物
防水ペール缶にいれてます。

この筒の外に若干大きめの筒を被せると、外部の暖まってない空気が直接はいりこまないので
もっと効率がよくなりそうですね。
また、改良したいと思います。