ガーデニングDIYに役立つ趣味のブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

リースでマキタ36v充電式耕うん機(耕運機)を使ってみた。 電動工具

ここ数年でバッテリータイプの電動工具が増えました

インパクトやマルノコ、グラインダーだけでなく

草刈り機やチェーンソーなども
18Vのバッテリーを2つ使う36V
タイプが出ています
バッテリータイプは
エンジン付きと比べると
静かなので
夏、熱くなる前の早朝の作業には
最高ですね。

今回利用したのが
耕うん機

耕すというより
重機のは入れない部分の
人力掘削のために
土をほぐすのにつかいました。



水路脇の50cmほどの幅の狭い部分を10cmほど掘って
草が生えないようにコンクリートを流し込むのですが。
掘削をスコップでやっていたのですが
草の根っこが張り巡らされていてスコップが入らず
なかなか大変な作業でした。

リースで耕運機がないか探してみると
主流だった発電機タイプはなく
取り扱いがあるのは
ガスか、充電式のタイプでした。
f:id:ca1601227:20190702205534j:plain
18vのバッテリーを2つ使う
36v仕様です。

結構パワーもあって
f:id:ca1601227:20190702205702j:plain
根っこをザクザク切ってくれます。
バッテリータイプは
まだ普及率が低いので 
価格が高めだったりしますが
電池をはめればすぐ動き
とても静かです。


youtu.be


発動機付きの工具は年をまたいで 
はじめてエンジンをかけるとき
エンジンのかかりが悪かったり
重かったりしますが
燃料を持ち歩いたりする必要があります。
f:id:ca1601227:20190702210209j:plain

エンジン付きのものが
使い勝手がいい場合もありますが

バッテリータイプもなかなか
使えるようになってきました♪