ガーデニングDIYに役立つ趣味のブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

残土処分費用など工事代金の見積もりについて

見積もりを見て
「うわっ、こんなにするの?」
と、思われるかたも多いと思います

高い買い物ではないのでじっくり考えて調べてから依頼しましょう

土間コンクリート
施工面積が少ないと
残土すきとり運搬処分が、割高になるので、平米の単価は上がるので要注意です

残土の処分費は
1.5㎥(2トンダンプ一杯)で愛知県三河地区では
6000円以上かかります。
これは地域によって違いがあります。

これに土をすきとって積み込むための機械
機械リース約13000円(一日)
(機械運搬、約10000円前後)
ダンプリース約6000円(一日)
作業員16000〜20000(一日)
www.ca1601227.online

これが内訳で、見積もり図面作成、安全設備、準備費用などが経費などでプラスされます。

現状では価格がギリギリでこなしている職人が多く
特にハウスメーカーの仕事は
引き渡し日が決まっているので

最後の外構にしわよせがきます。
後期短縮や、他工事の“ついでに”なども多く
価格も見合わないためにやめてゆく職人も多いのが現状なのです。

なので、安い価格を求めるということはできる職人がやめてしまい
慢性的に新しい作業者が施工するという状況になってしまっています。

このあたりを見極めて値段で選ぶ場合
価格交渉をするなどは注意が必要です。
安いから良くない、高いから安心ということはありません

オススメなのは、地元で評判の良い業者を紹介してもらうのが一番良いと思います。




f:id:ca1601227:20200407192210j:plain



現在、コロナウイルスの関係で
輸入建設材料のストップもあるので
代替商品を利用するケースもでてきました。
工事を契約や、商談している方は
担当者とよく相談したほうが良いですね。
www.ca1601227.online