ガーデニングDIYに役立つ趣味のブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

自粛生活のお供、炭酸水サーバー(炭酸水メーカー)を買ってみた

外呑みが減り、自宅で晩酌するようになると、空き缶の処分が面倒になり

ビールから焼酎やウイスキーに変わってきました。

夏はハイボールが飲みたくなるので
1リットルの炭酸水を買っていましたが
家族も美酢を炭酸水で割って飲むようになり

炭酸水の消費が多くなってきたので

炭酸水メーカーを買うことにしました。
ちなみにミチョは
パインとザクロがおすすめ!

カートリッジ式
とシリンダー式とあります

私の思うカートリッジ式を選ぶ
メリットのある使い方は
好みの飲み物を炭酸飲料にできることではないでしょうか。
例えば、ウイスキーや、焼酎などを
割ることなくスパークリングにしたい場合など、少量で作りたい場合
少し変わった使い方であれば効果を発揮します。

ただ、普段よく使ったり
コストを考える場合は
シリンダー式でも水以外の炭酸注入可能なものもあるので、こちらをおすすめします。

一番ランニングコストが安いのは
業務用の通称ミドボン
強炭酸でも1リットル10円以下で
炭酸用のペットボトルで作れるキットも売っています

コストパフォーマンスは良いのですが
ミドボンの大きさと見た目
操作性が、ウチの子供に触らせるのはまだちょっと危ないかな
youtu.be
この方の動画説明が、材料調達から自分で作るところまで
詳しく説明されているので参考になります。


ソーダストリームとの接続セットも
悩みましたが

ミドボンの置くスペースがないので
今回は普通の炭酸水サーバーを買うことにしました。

最終的に選んだのはコストコでも売っている 
ドリンクメイト マグナムグランド

本体は大きめですが
f:id:ca1601227:20200824211349j:plain
ガスシリンダーも大きい142ℓがセットできるので、若干安く(ガスシリンダー交換時期も長く)なります。
水以外のジュースでも作れるようですね

簡単なワンボタン操作と
コストパフォーマンスが決めてでした。

色々調べた結果9月25日までポイント15倍のここが価格も安くポイント還元も大きかった!


炭酸の作り方は実際何度か作って
慣れが必要です。
f:id:ca1601227:20200824211609j:plain

つくった炭酸水はペットボトルの炭酸水と比較すると割と早く抜ける気がするので
水を冷やしておいて
付属のボトルより小さいsサイズで飲むたびにつくったほうが良さそうに感じます。

見た目重視なら
アールケのカーボネーターⅡ
メッキでカッコイイですね!
もうちょっと安ければ買ったかも

炭酸水を作るだけの機械なので
見た目以外の違いは
炭酸の濃さを自動で設定するタイプか
自分で濃くなるまで自分で注入するか
ガスカートリッジの大きさと
カートリッジの取り扱い店舗
です。

導入するメリットは
ペットボトルなどのゴミが減る
ストックするスペースがなくなり
買いに行く手間も減り
在庫を気にせずに使えるところですね。

水以外にも炭酸を入れることができるので、色々な飲み物で試すのも面白そうですね♪