日々の思い付きのブログ

色々なことをちょっとやってみたい、そんな趣味を探していきます♪

レンタルスペースのワークショップ第二弾!モールテックスのランプシェード

www.instagram.com
 
秋の長雨といいますが
この日は天気にも恵まれました!
f:id:ca1601227:20180916195406j:plain
レンタルスペースのmatleyfareさんで
技術者とつくる
f:id:ca1601227:20180916195819j:plain
モールテックスのランプシェード



モールテックスとは
最近インテリアなどで注目の素材で
何にでも塗れる優れもの
f:id:ca1601227:20180916205536j:plain
セメント系材料の弱点
曲げに対する力に強く(弾性素材)
防水性も高い
薄塗りできて表面強度があるので
軽いものに塗れるので重量面でも
使い方に幅が広がります(重厚感のある軽いものがつくれる)
また、表面の独特の模様は
仕上がりの表情に立体感が出ます
www.instagram.com


それではワークショップの
はじまりはじまり
職人さんの作り方を隣で見ながら
サポートをしてもらいながらやっていきます。
まずは色粉を混ぜます
f:id:ca1601227:20180916205842j:plain
材料を全部混ぜて
下地処理したランプシェードに
1層目を塗っていきます。
f:id:ca1601227:20180916210129j:plain
これに、さらに2層目を塗り込んで
乾かします
f:id:ca1601227:20180916210349j:plain
昼休憩に、乾かしている間に
インテリアコーディネーターさんの
いろいろな照明と
f:id:ca1601227:20180916210606j:plain
機能面や、バランスからの照明の選び方のお話を聞き
f:id:ca1601227:20180916210621j:plain
照明の奥の深さに感激しました。


昼食後に乾いた表面を研磨していきます
f:id:ca1601227:20180916211135j:plain
濃淡がわかりやすく出てくるので
立体感が出ます
f:id:ca1601227:20180916211220j:plain
磨いた粉塵を拭き取り
オイルとワックスで仕上げると完成
f:id:ca1601227:20180916211303j:plain
同じ形のシェードでも
f:id:ca1601227:20180916211509j:plain
仕上がりにこんなに違いが出てくるのが面白い

f:id:ca1601227:20180916211951j:plain
光のあたり具合で
f:id:ca1601227:20180916212029j:plain
色の印象も随分違います

また、配線の色や金具の色
f:id:ca1601227:20180916212318j:plain
この写真ではわかりづらいですがランプの種類でも
f:id:ca1601227:20180916212349j:plain
明るさや印象、用途がガラッと変わります。
本当はエジソンバルブがよかったのですが、光量から考えるとLEDの選択になります。

エジソンバルブは
ゆったり酒を飲むときの明かりですね

出来上がった作品を全部吊るして
f:id:ca1601227:20180916212512j:plain
写真撮影をしながら
照明について皆で語ります。
f:id:ca1601227:20180916212649j:plain
ショールームの見学、コーディネーターとの相談で今の部屋のグレードが
格段にアップします。

一度はインテリアコーディネーターに相談することをオススメします!

diyレベルを遥かにこえた職人さんレベルの内容に、皆さん夢中で
配線、カバー、シェード、ランプを自分の好みで選んで、つくって
手作りの自分だけのおしゃれな作品を持ち帰れる。
このような1日がかりの高度でお得なワークショップはなかなかありません。
豊田市で開催されていますが
主催者はまたモールテックスのイベントをやりたいと言っていたので
興味のある方はご連絡ください♪
www.ca1601227.online
www.ca1601227.online